ヤマト

 
昨夜、観てきました

SPACE BATTLESHIP ヤマト

みなさんご存じの通りあの「宇宙戦艦ヤマト」の実写版です。


公開が始まって、賛否両論・・・

でも・・・わたしは素直に感動しました


完全なヤマト世代の兄に影響されてみていたあの「ヤマト」が、
今、この時代にこんな形で観られるのはすごいなって思いました。

正直、アニメを観ていたのは小さいころだったので
ストーリーもうる覚え、おそらく「浅く」観ていたのが
返ってよかったのかもしれません。

「ヤマト」に思い入れがあり過ぎる人はやめた方がいいかも。

逆に、何にも知らない人は、一作品でも観てから映画館に足を運んだ方がいいでしょう。

いづれにしても、
突っ込みどころがあるのが当たり前であることを前提に観た方がいいです。


ここからはネタばれありなのでご注意を・・・

おそらく、男性は、「古代進」が木村拓哉であることに抵抗がある方が多いと思いますし、
わたしのように「森雪」に憧れていた女性の方は、キャラクター設定に戸惑うと思います。
この二人に関しては、これはプロデュース上、仕方ないことなんでしょうね。
ま、一番大事な役柄なんですけどね・・・

でもね、他のキャラクターに関して
私的にはかなりグッドな評価。

緒形直人が「島」に見えてきたし、
柳葉敏郎が「真田」だったし、
斉藤の熱血っぽさも、池内くんが好演してました。

西田敏行なんて、「徳川機関長」そのものですし(笑)

あ、愛しの「堤真一」様も素敵でした
「古代守」・・・重要な役なんですが、上映開始3分後くらいに1分ほどの出演でした・・・
艦長のお姿・・・あ、ここまでにしておきましょう


私、結構前半から泣きっぱなしでした・・・
ストーリー的に涙を誘うところもありますが、

「ヤマト発進!」で、地中から大地を割って発進する姿を観た時は
とても感動しましたよ。


この作品で
原作があっての実写化の作品を観るときのコツを
習得したような気がしました

 
スポンサーサイト
プロフィール

okinin

Author:okinin
OKIにんのひとりごと日記
過去を振り返った時に
思い出せるように
その時の出来事をつづる
自分のためのブログ

twitter
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ