39 刑法第三十九条

 

 

 

 

 

日本アカデミー賞 主演&助演男優賞 最優秀賞・・・逃がしたけど

私の心の中では堤さんが最優秀賞です記念!!!

 

 

 

 

大好きな堤真一さんの作品を観よう

キャンペーン続行中

 

※はじめに・・・【スルータイム】とは私が堤真一さんを「ベタ褒め」するので

皆さんイライラせず、素直にスルーしちゃっていいとこです(笑)

 

 

 

 

【 39 刑法第三十九条 】(1999年)

 

刑法は第39条および第41条において心神喪失者・刑事未成年者の不処罰および

心神耗弱者の刑の減軽を定めている。(責任能力ーウィキペディアより)

 

上記のについての問題提起を伏線に、事件、人物関係が複雑に絡み合う法廷サスペンス。

謎に満ちた猟奇的殺人事件の容疑者の精神鑑定に、女性精神医が挑む。

女性精神医に鈴木京香、そして多重人格の容疑者に我ら堤真一さま

 

 

【ストーリー】

殺人容疑で逮捕された犯人・柴田真樹(堤さん)には、事件当時の記憶がない。

裁判が始まると弁護側は心神喪失を主張、精神鑑定により、被告人が多重人格と認定される。

ところが鑑定を行った教授の助手・小川香深は、被告人の精神障害は詐病と直感し、

独自の調査で柴田の内面に迫って行く・・・

今までにない、法廷での公開鑑定、そして意外な真相・・・

 

 

 

本日のスルータイム

いや~ん約10年前の堤さん・・・かわいいぃぃぃ~

もうこのころにはすでに堤さんの演技力は確立されているのかぁぁぁぁ

多重人格を表現するところはなかなか圧巻よん

 

 

 

 

【感想】

ん~、重いテーマであることは確かです。

観た後は、ドーンと心にオモリが乗っかった感じがしました。

被害者の遺族にとって、加害者がいかなる人物であっても

その行為は許されないし、被害者の命は永遠に戻って来ないんですよね・・・

 

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

okinin

Author:okinin
OKIにんのひとりごと日記
過去を振り返った時に
思い出せるように
その時の出来事をつづる
自分のためのブログ

twitter
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ