姑獲鳥(うぶめ)の夏

 

 

 

大好きな堤真一さんの作品を観よう

キャンペーン実施中

 

 

 

姑獲鳥(うぶめ)の夏   (2005年)

 

実は、北海道出身で「妖怪研究家」の肩書きも持つ小説家「京極夏彦」の

デビュー作でありベストセラー小説「姑獲鳥の夏」を、実相寺昭雄監督が映画化。

 

面白い作品でしたよ

ただ原作を読んでいないので、ちょっと難しいとこもあったかな

時間があれば2回観たかったな~

ストーリーにはかなり引き込まれました

 

堤さんは、古本屋の店主であり、神主であり、陰陽師でもあるという

3つの顔を持つ「京極堂」の役

どうすればこんな長台詞を覚えられるのか秘訣を知りたい(笑)

もちろんステキでした・・・(スルーしてね・・・スルー笑)

 

いしだあゆみさんや、宮迫博之さんもなかなかいい味出てましたね~♪

鈴の音とか、暦、京極堂までの坂道とかが効果的に使われていて印象深いです

なんというか、不思議な感覚が残る面白い作品なんです。

 

そうだ、原作者の「京極夏彦さん」も出演していた・・・(笑)

最近、京極シリーズ「魍魎の箱」もDVD発売してます

そのうち観ようと思ってます。

 

 

 

<ストーリー>

昭和27年の夏。東京・雑司ケ谷にある久遠寺病院で怪異が相次いでいた。

娘の梗子は20カ月も妊娠したまま。その夫は1年半前に書庫から忽然と姿を消した。

さらに、病院で生まれた新生児が誘拐されとの噂が……。

鬱気味の作家・関口(永瀬正敏)と人の記憶が見える探偵・榎木津らが調査を開始。

不可解な事象が出揃ったところで、古本屋の主人、神主、憑き物落としという3つの顔を持つ

京極堂(堤真一)に謎解きが託される。

呪いとしか思えない事件の全貌を、京極堂が、

民俗学や心理学などを淀みなく説きながら論理的に解明していく。

 

 

原作読んだ方たちはどんな評価をだしてるのかな~

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

okinin

Author:okinin
OKIにんのひとりごと日記
過去を振り返った時に
思い出せるように
その時の出来事をつづる
自分のためのブログ

twitter
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ