悲しみ 2

拓人くんの告別式に行ってきた

あまりに悲しすぎて

今、私自身あまり物を考えることができない

 

友人は、気丈に振舞っていた

身を引き裂かれる思いだろうに・・・

 

最後のお別れをと、お棺を開けたときに

友人が、本能的に、無意識のまま

もう語ることのない息子に駆け寄る姿は

たぶん一生忘れられない

 

この記事を読んでくださったみなさん

もし今、目の前にご自身の愛するお子さんがいるなら

どうか強く抱きしめてあげてください

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

okinin

Author:okinin
OKIにんのひとりごと日記
過去を振り返った時に
思い出せるように
その時の出来事をつづる
自分のためのブログ

twitter
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ