そばにある音楽 2006 ⑧ ~ネオクラシカルヘヴィメタル~

心が満たされていた年を振り返ると

そこには必ず音楽がありました

今年、少なからず元気に笑顔で過ごせたのは

たくさんの音楽に出会い、再会し、身体中で音楽を楽しめたからだと思います

ここで今年、私のそばにあった音楽をシリーズでご紹介します

 

 そばにある音楽 2006 ①

 

そばにある音楽 2006 ②

 

そばにある音楽 2006 ③

 

そばにある音楽 2006 ④

 

そばにある音楽 2006 ⑤

 

そばにある音楽 2006 ⑥

 

そばにある音楽 2006 ⑦

 

 

シリーズ最終章

 

そばにある音楽 2006 ⑧

 

耳がハートマーク編

 

そう・・・

今回は、アーティストというよりジャンルである・・・

 

 ネオクラシカルヘヴィメタル 

ハーモニックマイナースケールを多用したりクラシック音楽的なコード進行を用い

そこにギターやキーボードで速弾きなどの高度な技術を数多く導入した

ヘヴィメタルのジャンルのひとつ

 

昔から、ハードロックやヘヴィメタルは聴くほうだった・・・

 

でも、途中からはユーロビート、ハウス、テクノ・・・

ディスコに通った約15年ほどは、ずっとダンス系にはまる

 

しかし・・・

今年あるきっかけで

私の耳はいよいよヘヴィメタルに向けられた

すっかりヘヴィメタルに耳がハートマークである

 

でも、私のアンテナの範囲は意外に狭く

ヘヴィメタルの中でも

「ネオクラシカル」というジャンルじゃないと、ときめかない

わがままであり、贅沢な耳だ・・・

 

主に、バッハやモーツァルトなど、バロック時代の音階を使い

なんとも物悲しいあのマイナーコードは鳥肌もの

 

Symphony X (シンフォニーエックス)

Adagio (アダージョ)

Yngwie Malmsteen (イングヴェイマルムスティーン)・・・etc

 

毎日聴いても飽きない

音楽だけあればいい・・・

久々に味わう感覚

 

今年たくさんの音楽に出会ったのは

(カロスパーソナリティ)国見氏の力が大きい

心から感謝するとともに

来年の目標は

メタルのライブに行く・・・と宣言して

今回のシリーズ 「そばにある音楽 2006」はここまで・・・

 

来年、みなさんも

たくさんの素敵な音楽に出会えますように・・・

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

okinin

Author:okinin
OKIにんのひとりごと日記
過去を振り返った時に
思い出せるように
その時の出来事をつづる
自分のためのブログ

twitter
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ