アルケミスト

 
「アルケミスト~夢を旅した少年」を読みました

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
(1997/02)
パウロ コエーリョ

商品詳細を見る


羊飼いの少年が、何度か夢に出てきた「宝物」を目指して旅に出るお話。
もちろん、それだけではなく、
旅の途中での出会いや別れ、数々の困難・・・
それをすべて学びとして受け入れて乗り越えていく。
まるで、人生の縮図。

たぶん、この作品は、
その時々、読み手が置かれている状況によって
印象に残る言葉が違ってくるんだと思う。

何かに行き詰った時や、迷いがある時に読むと
きっとヒントとなる言葉が語りかけてくれる。

        

何事も、真摯に向き合い神経を研ぎ澄ましていると
何かが起こる時に「前兆」を感じることが出来る。
その「前兆」に従うこと。
どんなに遠回りをし、困難にぶつかっても
それは、夢を実現するための「順調な試練」なんだということ。
出会いや別れはその人が生きていく上での必然であること。

        

私は、やりたい事に素直に向き合える人がうらやましい。
私は、きっとこの物語でいう「クリスタル商人」なんだ。

もし、夢が実現したら、そのあとどう生きていけばよいか不安になるような気がして前に進めない。
実現したらそれが自分をがっかりさせるのではないかと不安で向き合えない。
どんな場面でもそうやって生きていたので
多くのチャンスを逃していると思う。

もっと前にこの作品に出会っていたら
私の人生はどう変わっていたかな。

いや、違うな。
今、この作品に出会った意味は何かな。


マクトゥーブ


スポンサーサイト
プロフィール

okinin

Author:okinin
OKIにんのひとりごと日記
過去を振り返った時に
思い出せるように
その時の出来事をつづる
自分のためのブログ

twitter
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ