FC2ブログ

【覚え書】 地震・停電 ③

「地震」「停電」となると、やはり情報がほしい。
地震の規模はどうだったのか、余震の可能性はあるのか、どんな被害があったのか、
この停電はいつまで続くのか・・・でも、

・テレビを見ることが出来ない
・パソコンが使えない
・ネットがつながらない
・スマホのバッテリーが消耗する(最終的に充電切れました)
・車を持っていない

「闇」の中で、急に情報難民となる。
もうそうなると「ラジオ」に頼るしかありません。

IMG_3257.jpg

出してきたのは、多機能ラジオライト。
これは・・・いただいた「カタログギフト」の中から選んだもの。
10年以上前です。
これも、自分で購入したものではありません(笑)
※どうやら備えることにお財布を痛めたくない人間のようです(汗)

蛍光灯とライト、FMとAMが聴けますが・・・
「単1電池4本」も使います。
で、実は、東日本大震災のあと、念のため「単1電池4本」を備えてありました!
(電池は買いましたよ^^)

これがあったおかげで、無音から解放され、情報も得られるようになりました。
ただ、電池の消耗がどれくらいのものなのかがわからなかったので
使った機能はラジオだけ。蛍光灯とライトは使いませんでした。
(市場に出回ったら、単1電池買い足します)

2日目の夜は、暗くなってからの時間が長かったな。
次の日の朝までずーっとラジオをつけてました。
ラジオで停電情報を聞いているうちに、
「復旧に時間がかかるかもしれない」という言葉聞き、愕然とした記憶があります。

もうひとつ、ポータブルラジオがありましたが、今回は使いませんでした↓
IMG_3259.jpg

壊れない限りは、ラジオは今後大丈夫そう。
ただ、たまに使ってみないと、いざという時に使えないと困りますね。
災害時にラジオは絶対に必要!
スマホのアプリでラジオを聴くのは、充電が確保できないのであればやめた方がいいですね。

スポンサーサイト

【覚え書】 地震・停電 ②

自分の家の停電が始まったのは、地震が起こった5分後くらい。
おそらく9月6日AM 3:15 ころじゃないかなと思います。
びっくりするくらいの「闇」。窓の外もとにかく「闇」。

今回、この闇の中を照らしてくれたのは
LEDの小型ライト。

IMG_3251.jpg

※何かの・・・景品で?もらったライトだった気がする(笑)
とにかく自分で購入したものではない。
(単4電池3本使用・円の直径2.5㎝・長さ9㎝・重さ・・・軽い

最終的に使用したのは、このライト一つ。
でも、ものすごく、最強にありがたいグッズの一つでした。

正直、スマホのライトは使わなかったし、使う気になれませんでしたね。
だって、どんどん充電が減っていくんですから(笑)
(キャンドルも火が怖いので使用しません)

この時は、ベッドから2歩くらいのところにあったLEDライト。
(ベッド脇に移動させました)
どこに行くにも一緒でした。

IMG_3250.jpg

image1.jpg


このライトの良さは、
・こんなに小さくても比較的明るい
・軽い
・ポケットに入る

マンションに住んでいると、停電時にはエレベーターが停止するので
太ももが強化される筋トレを、強制的にしなければならず、
しかも、1階から自分の住まいの階まで、
あの真っ暗な非常階段を何往復もしますから(笑)
ライトは小型がありがたい。

そして、今回北海道人が始めて経験したブラックアウト。
北海道全域が停電になるというすさまじさだったので、
夜、札幌の街中を歩いたってそこは「闇」ですから・・・

ポケットからライトを取りだして、足元を照らして街を歩きます。

9月6日(木)午後6:32頃 の南1条西9丁目?付近↓
IMG_3220.jpg

午後6:54頃 札幌パルコ ↓
IMG_3222.jpg

こんな状態ですからね・・・

自宅の停電は約30時間
自分としては、長く感じましたが、これくらいだったので
自分の暮らしではこのライトだけでも出来ました。
ただ、これがもっと長期化する場合はこれだけでは足りないかもしれません。
ここがこれからの備えるポイントだと感じました。

LED小型ライト。
1,000円以下で購入出来ますね。
1人1個、または家族分あってもいいグッズです。

【覚え書】 地震・停電 ①

2018年9月6日AM3:08 「北海道胆振東部地震」 最大震度「7」

自分が住んでいる札幌市でも結構揺れました。
就寝中ということもあったのか、今まで経験した中で一番揺れたような気がしました。
(ちなみに、スマホの緊急地震速報は強く揺れ始めた後でした)
どんどん揺れが強くなっていくあの感覚は本当に恐ろしい。
幸い、小物が何個か横に倒れたり下に落ちたり・・・くらいの状況で被害はありませんでした。

テレビをつけ、最大震度が・・・その時は厚真町で6強だった気がしますが、
身近にも、やはり大きい地震が起こるものなんだ・・・
なんとなく遠い未来のことだろうと思っていた自分の平和ボケした思考と
現状のずれに、どう捉えてよいか戸惑う感じ。

トイレに行くくらいの時間があったので、おそらく5分くらいたった後、
今回、自分自身の最大の難関「停電」が始まる・・・

「停電」の経験は多分あるけど、記憶にあまりないくらい久しぶり。
とにかく「闇」。真っ暗ってこういうことなんだ・・・と改めて実感。
時間が経つにつれ、この停電はいつまで続くのかという不安。
ベッドに横になることくらいしか出来ない状況。
こんなにやることがない・・・あんなにせかせか忙しさにせきたてられていたのに。
日々の生活がどんなに「電気」に頼った生活だったのか。
最終的に約30時間の停電の中で、本当にライフラインのありがたさを感じました。

覚え書として、いくつか今回役に立ったことや、これから備えなければならないことを記そうを思います。

ファンラン

思えば、今年の3月にエントリーをした
初めての、北海道マラソン「ファンラン 12.1 km」。
本日、本番を終えました

結果は・・・

IMG_3197.jpg

8.1 km の関門寸前で、残念ながら
「はーい、歩道に上がってバスに乗って下さーい
完走は出来ませんでした(笑)
でも、関門にひっかかった人が結構多くて、なんだか安心した(笑)

実は、練習不足やら体調悪いやらで、
8月の上旬の段階では
「今回、出場しないかな~」なんて思っていたんだけど・・・
ゴスペル仲間のフルマラソン出場する友人に
「是非出て、あの雰囲気を味わってみてほしい、ダメでもいいんじゃない?」
と、とてもシンプルなアドバイスを頂き
ふと、「そうだよな・・」と気持ちが切り換えられた自分。

緊張で(笑)、あまり睡眠がとれないといういつもの状況で
いざ、会場へ。
本当にたくさんの人たちが出場するんだなと、参加者の多さに少々驚き。
話に聞いていたとおり、
スタートをする時の、独特なあの高揚感と盛り上がり。
色々、新鮮な体験をさせていただきました。

IMG_3194.jpg

9時スタートといっても、我々ファンランは、最後の方のスタートになるので
スタートラインを越えたのが、9:12頃でした。

札幌の中心地、駅前通りからすすきの、幌平橋から平岸を通って豊平橋へ。
車道のど真ん中を、いつものランニングコースとは違う景色を見ながらの走行は
とっても気持ちよかったし、
何より、沿道から「頑張ってー」という応援の声に
本当に力を頂きながら、
心から、参加してよかったって思える1日でした。

来年は・・・絶対「完走」したい!


以下、覚書き。

●前日は身体を休め、水分と炭水化物を少し多めに摂取
●当日は、スタート3時間前くらいに食事(今年はキウイとヨーグルトだけだった、反省)
●トイレ問題
・水分を結構取るので、トイレが近い。
・スタート地点に行く前にトイレに行ったけど、スタートエリアについてからスタートするまで30分くらいあるため、結局またトイレに行きたい状態でスタートしなければならない
・最初のトイレポイントが「5.2km」は遠い。(結局あきらめて我慢した、というか我慢できたね)
※大通会場のトイレには、トイレットペーパーが設置されていた
●水問題
・どんなに水分を取っても、スタートエリアにいる時間が長すぎて、スタートする時点ですでにのどが乾く。
・給水ポイントが「5.5km」地点というのも、ちょっと遠い。
・ペットボトルを持った方いいかも。

【覚え書】体調の事

体調を崩し始めたのが6月10日。
今日で1ヶ月経つのだけれど・・・
実は、あまり良くなっていない、というか、
良くなっていない可能性があるってとこかな。
今は薬を飲んでいるので幸い普通の生活が出来てます。
先週、薬が一度切れた時に、結局、不調をぶり返してしまったのが私の中での心配事。

実は、去年の同じ時期にも同じようなことがあり、
薬手帳を見ると、その前にも、この時期に病院にかかっている事が多く。
何か・・・が、あるんだよね、きっと。

結局、咳が続くのでランニングが出来ない。
大会まで時間がないな。
ま、でも身体が大事だから、無理をしてはいけない。


①何故か、6月に疲れが出る

2月から続く仕事が6月の中旬で一段落するタイミングで、体調を崩す傾向がある。
そう、心からホッとすると、どっと疲れが出る感じかな。
今年は、その色が濃かった気はする。
特に、この時期にランニングを始めたりして、更に免疫が下がる手助けをする形もちょっと気になる。

②逆流性食道炎

疲れや免疫が下がることで、胃腸の機能を弱めるのか、
5ヶ月間、緊張状態やストレスがかかった状態から解放されるせいか、
胃酸の逆流で炎症が起き、そこから広がる不調がつらい。
食道の炎症からくる「咳」「のどの違和感」「副鼻腔炎」「高熱」。
これが、1セットでやってくる。

③アレルギー

この時期、気になるアレルゲンは、「イネ科の花粉」
そのほかにも、「ハウスダスト」「カビ」あたりは気になるところ。
免疫が下がっているこの時期に、反応してしまうんじゃないかということ。
元気であればそのまま元気なんだろうけど、今回で結構深くやっちゃった気もする。


薬が切れると、副鼻腔炎の症状と、気管支の過敏がまだ終わってない感じ。
木曜で薬が切れるので、少し様子見。どういう症状が起きるか。

決まったわけじゃないけど、
来年、同じ事を繰り返さないよう、覚え書。

◆ ランニングは4月から少しずつ始め、6月には慣れていること。
◆ 6月に疲れが出ないよう、精神的に調整を図ること。

来年は意識したいところです。

プロフィール

okinin

Author:okinin
OKIにんのひとりごと日記
過去を振り返った時に
思い出せるように
その時の出来事をつづる
自分のためのブログ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
QRコード
QR
最新記事
月別アーカイブ